On

小陰唇が大きくなった?小陰唇縮小手術って?

Posted by admin

なんだか小陰唇が大きい気がする…

小陰唇のことって、人にはなかなか相談できないことの一つですよね。

色や形は人それぞれですが、なんだか人よりも大きい気がしたり、臭う気がして気になる方も少なくないと思います。

生まれつき小陰唇が大きめの方ももちろんいます。

小さくしたくても自分ではなかなかできません。

どうしても気になる方は、小陰唇縮小手術があるのをご存じですか?

改善方法はどんなものがあるの?

残念ながら、一般的に自分の力だけではで小さくはできません。

そこでご紹介するのは小陰唇縮小手術です。

小陰唇縮小手術とは、小陰唇肥大により容積が大きくなった小陰唇をバランスの良い大きさ、形にするためのものです。

手術にはメスを使う方法と、レーザーを使う方法があります。

一般的に多いのはメスを使う方法ですが、こちらは施術効果は高いものの、施術をしてから回復するまでの期間がレーザー治療よりも長く必要となります。

時間がかかってもしっかりと治療したい方はメスを使った治療方法を選ぶ方が多いのではないでしょうか。

術後はやっぱり痛む?

手術をして1~2日は痛み止めを服用することになりますが、その後は痛みは少なくなっていくので痛み止めを飲まずに過ごす方もみえます。

出血は多少ありますが、生理のような出血ではありません。

シャワーに関しても手術をした日から大丈夫です。

ただし1ヶ月程は性生活はおやすみしてくださいね。

小陰唇肥大しないために必要な日頃のケアとは?

デリケートゾーンのためのケア商品もいくつか販売されていますね。

ケアをしないと黒ずんだりシワシワになってしまうので、日ごろからデリケートゾーン専用のソープや保湿商品でしっかりとケアをすることが大切ですね。

放っておくと痛みや変色、悪臭の原因にもなる小陰唇の肥大や形の乱れを、小陰唇 手術を行うことで整え改善することができます。