On

災害時の業務への影響を最小限に!BCP対策

Posted by admin

BCP対策で、何ができるか

テレビや雑誌等で「BCP対策」という言葉が話題にあがっています。災害が発生した時に重要業務を中断させないように、あるいは業務が中断した場合に備えて事前準備をしておくことなのですが、具体的に何ができるのでしょうか。
まず考えられるのが、災害発生時の出社・退社基準です。従業員の安全確保と会社業務の重要性とのバランスを考慮した基準づくりが大切です。次に、業務の重要度です。災害が起きても中断できない業務、早期復旧をめざす業務、一定期間停止してもやむを得ない業務等、会社の事業内容と社会性を軸に決定していくことになるでしょう。
非常用の備蓄品を確保する必要もあります。災害発生後3日程度をしのぐことができる水や食料、必要物資の備蓄、商務期限や使用期限を含め定期的なメンテナンスも大切です。

災害時の燃料と電力をどう確保するか

ところで、燃料の備蓄・確保の計画は済んでいますか?給湯・暖房用の燃料が必要となる場面があること、何よりも業務を中断させないためには電力も確保する必要が第一条件です。例えば医療機器やコンピューター機器のように、停電中でも機能を止めてはいけない、止めることができないものもあります。停電時に電力を確保する方法として、自家発電装置が考えられますが、燃料タンクの容量には限りがあります。したがって、発電を続けることができる時間数と、重要業務に必要な電力量を事前に割り出し、限られた燃料を有効活用する計画も必要でしょう。
燃料を補うために、災害時でも優先的に燃料が出荷されるサービスを契約しておくのも、BCP対策の一つといえるでしょう。社内の燃料タンクに加えて、サービス提供会社のタンクが燃料を備蓄します。

BCP対策とは、自然災害や事故、サイバー攻撃など予期せぬ危機が起こった際に、企業が被害を最小限に食い止め事業を継続するための対策のことです。東日本大震災発生以降、日本でもその必要性が認識されています。