On

自分に当てはまる原因は?性交痛の原因と改善方法

Posted by admin

性交痛になってしまう考えられる原因

性交痛とは女性が性交渉の時に感じる痛みのことで、この症状が起こる原因は様々な物があります。数ある考えられる原因の一つに挙げられるのが処女膜強靭症です。通常処女膜は柔らかく少しの衝撃でも破れてツッパリを感じなくなるのですが、女性に中には生まれつき堅い状態の人もいます。こうした堅い状態の場合、簡単な衝撃程度では破れずにその結果性交渉で痛みを感じてしまうのです。そのほかにも、加齢によるホルモンの分泌量の低下やストレスの蓄積などが膜が濡れにくくなってしまうことで痛みを感じるというケースも少なくありません。

性交痛を自分で治す方法

性交痛の改善は自分の力だけで行うこともできます。もし原因が毎日の生活によるストレスや疲労の蓄積だった場合、これらを取り除くことが大切です。ストレスの蓄積によって膜が濡れにくくなっている状態で性交渉を行うと痛みを感じてしまうのでそれが更なるストレスの蓄積に繋がるという悪循環に陥ります。そのため、まずはリラックスをした状態でいられるようにすることが大切です。どうしても膜が濡れ難い場合は、市販されている潤滑ゼリーなどの利用もおすすめとなります。

病院で診断を受ける場合

自分で治療を行うのが難しいという人は専門家に診断をしてもらうことが大切です。性交痛は女性特有の悩みなので、受診するのは婦人科になります。専門家であれば加齢による更年期やストレスなど原因に関わらず最適な治療法を提案してくれるので安心です。処女膜強靭症が原因の場合は切開や切除術が必要となるため、形成などの専門のクリニックの受診がおすすめと言えます。

性交時に感じる痛みのことを性交痛と言います。原因としては感染症や、コンドームに使われているラテックスのアレルギーなどが挙げられます。