On

家で仕事をしたいなら在宅ワーク…仕事の見つけ方やメリットとデメリットについて

Posted by admin

在宅ワークの仕事はどうやって見つければ良い?

通常の仕事の場合はハローワークに行ったり様々な求人サイトを見て仕事を探すといったイメージとなりますが、在宅ワークの場合クラウドソーシングという募集の形をとられる事が多いです。最近ではいくつもの在宅ワークの仕事をまとめたクラウドソーシングの求人サイトも多く、基本的にはそういった形のサイトを何個か見つけておいてそこから毎日仕事を確認し、自分に合った仕事があればそれを受注して始めるといった形が基本となります。

在宅ワークのメリットとデメリットについて

在宅ワークにはメリットもあればデメリットもありますが、まずメリットとして挙げられるのはなんといっても自宅で仕事が出来るという事です。自宅で仕事をする事が可能ですので子どもがまだ小さくても空いたスキマ時間に仕事を入れる事が可能ですし、いざ急用が入ったとしても会社勤めの時と違い臨機応変に対応する事が出来ます。また自分の好きな仕事を選べるというのも在宅ワークのメリットで、基本的には自分にとって合わないなという仕事を無理にする必要はありませんので出来ない仕事を苦痛に感じながらするという事もないです。その一方でデメリットとしてはやはり在宅ワークは単価が安いものが多く、時給換算すると最低時給に届いていないぐらいに安い仕事があるのも事実です。また仕事の供給が不安定ですので、仕事が多い時には溢れるぐらいに仕事がある一方で、仕事がない時には何もする事が無いと言った事態もあります。ただこのデメリットに関しては在宅ワークであっても定期的に仕事を供給している会社や個人と契約する事である程度安定させる事が出来ますが、その場合自分にとって合わない仕事でも行う必要が出てくる可能性もあります。

在宅のコールセンターの仕事をする場合は、電話に取り付ける通話用のマイクなどの機器が必要になってきます。