On

誰のためのCAD画面なの?!時代は3DCADに進化中

Posted by admin

CADは日々進化している!

かつて手書きの図面から、コンピューターを使用したCADを導入する企業が主流となっています。そして時代は3DCADに変わりつつあります。図面は二次元の世界が当たり前というのは、まだまだ多くの企業の考え方です。3DCADの導入は、エンジニアや費用などの面から高い壁もあります。現場作業員からしてみると、今まで二次元で何の問題もなく行ってきた実績があるため、あえて三次元に踏み込もうといった行動を起こすのには抵抗があるという意見も聞かれます。しかしCADの図面は誰のためにあるのでしょうか。最終的には、依頼主のために作成されるべきです。現場の人間のエゴで、進化を拒むことはやめるべきだと思うのです。

見やすい!三次元の魅力

例えば、一般的なCADで作成した建築物の図面は、素人が見てもなかなか実物を想像することは難しいものです。3DCADで作成された図面であれば、完成図を依頼主が簡単に想像できるというメリットが生まれます。これは工業機械の分野などでも同じです。出来上がる製品の形を誰にでも分かり易く説明することが出来るため、打ち合わせなどのトラブルを防ぐことにもつながります。

そうは言っても、実際に図面を活用して作業する現場の人間は、3Dの図面は邪魔に感じることもあるかもしれません。3DCADの利点は、二次元と三次元両方の図面を出力することが出来ます。今でも役所などに提出する書類は、二次元でなければならないという規定があることも多くあります。二次元はまだまだ世間では必要です。ただ、より多くの人にメリットがあるということを考えると、3DCADは今後主流となっていくはずなのです。

電気CADとは、電気配線の図面をパソコンで設計する時に使う、設計支援ツールのことをいいます。手作業での設計よりも、配電盤の記号などがわかりやすく、きれいに書くことが出来ます。