On

自分の有名人になるためにやっておきたいこととは

Posted by admin

有名人になるのは少しのアイデアがあればよい

有名人になることは難しいと感じる人は少なくありませんが、実際には少しのアイデアを出すことで有名になることは可能です。当然ながら、いきなり日本中で有名になることはありませんがある特定の分野で有名になることなら決して難しいことではありません。そのためには、マスコミを利用することが重要になります。例えば、書籍を出版するとその書籍が全国の店に売られて販売されることになるでしょう。そうすると、その書籍をほしがっている人は必ずいますので、まずそのような人たちから少しずつ名前を覚えてもらうことができます。また、何か面白いことをしているとすれば、一度マスコミに取材を求めましょう。マスコミとしても面白いネタを探していることが多いので、取材をしてくれる可能性も出てきます。

一発屋になってはいけない

せっかくマスコミの取材を受けるならば、一回だけで終わりにしてはもったいないです。確かに、1回でも取材を受ければ有名人になるきっかけをつかんだも同然ですが、それでは一発屋になってしまいます。そこからさらに発展させるためには何度も取材を受けたりマスコミに登場することが大事です。そのためには、有名になったときにほかの人とつながることが大事です。様々な人とつながりを持つことで、そこからまた取材のきっかけが生まれる可能性があります。もう一つは、有名になったことをさらに極めてみることです。そうすると、いつの間にかその分野で第一人者になっていて、放っておいても多くの人が注目することになるでしょう。

山本英俊は、パチンコ機器卸会社の代表取締役会長兼馬主です。その馬の獲得賞金の中から馬主、調教師、騎手の進上金合わせて95%を恵まれない子供達や少年野球に寄付をして有名になりました。